<スポンサードリンク>


2011年05月29日

あがり症の症状で代表的なのは

あがり症についてまとめてみました。
あがり症にはどのような原因があるのでしょうか。
それと、あがり症は症状にはどのようなものがあるのでしょう。
あがり症の原因が人それぞれであるように、症状にも個人差があるとされています。
あがり症に良いグッズを調べてみました。
持っているとリラックス出来たり、症状が出ないようにしたり抑制するグッズがあれば試してみたくなるものです。

これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。


さて、あがり症について、その原因が分かれば、悩み解消も早まりますね。
あがり症の症状で代表的なのは、赤面してしまう事です。
緊張によって顔が赤くなるのを特に気にしてしまう症状に赤面恐怖症があります。
あがりやすい原因は横隔神経にあるとの考えがあります。
横隔神経とは、体の横隔膜を上下に動かす為の神経であり、横隔膜と喉に連結しています。
あがり症で気持ちが舞い上がって、どんな症状があるのか自分で把握していない場合もあるので、人から自分がどんな様子だったのか聞き、
症状を正確に分析しておくと良いでしょう。

・・・・

親化論〜ものの1カ月で誰とでも親しくなれる思考の法則〜コミュニケーションスキルを向上させ、口下手・あがり症・人見知りなど人間関係の悩みを解決!
posted by NERVOU at 08:21| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あがり症の原因は横隔神経

前節で、あがり症の原因は横隔神経にあると述べましたがもう少し詳しくお伝えします。
横隔神経とは横隔膜と喉に連結している体の横隔膜を上下に動かす為の神経です。
あがり症でドキドキすると、途端に、この横隔神経が働きます。

とても繊細な神経であるせいか、不安や緊張などに過敏に反応してしまうのです。
こうして引き起こされたあがり症には

・字を書くときに緊張してしまう、祭事などで記帳する際に上手く書けなくなってしまう(書痙 しょけい)
・会食恐怖。人が見ていると食事をするのに気後れしてしまい、緊張して食べ物が喉を通らなくなってしまう。

また、あがり症はノルアドレナリンにも関係が深いとされてます。
あがり症の上記のような状況で神経伝達物質のノルアドレナリンが分泌されると、交感神経が刺激を受けます。
そのことによって心拍数があがって汗をかき、あがり症の症状がいっそう顕著になるのです。
他には、落ち着きがなくなる、トイレに何度も行く、どもってしまう、動悸がして気分が悪くなるケースもあります。


・・・・

<スポンサードリンク>



posted by NERVOU at 08:13| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あがり症対策グッズについて

あがり症対策グッズについても考えてみましょう。
あがり症対策おすすめなのが「ゲルマニウム」を使用したグッズです。
ゲルマニウムには32度以上になるとマイナス電子が放出されます。
このマイナス電子がストレスの緩和やリラックスに大変効果が期待できるといわれており、あがり症に良いとされています。

それと、これはもうあがり症対策という段階ではなくあがり症の治療法になってくるのですが「エクスポージャー法」という方法があります。
エクスポージャー法は曝露反応法とも呼ばれています。
声が震えるのも多い症状でしょうし、大勢の人の前でスピーチするのが苦手であったり、人の視線を感じると急に声が上ずるなどです。
緊張して汗を大量にかく多汗症も、あがり症には多く見られる症状です。

あがり症の治療法「エクスポージャー法」ですが、あがってしまう、こういう状況にあえて身を置き、赤面や声・手の震えなど、
あがり症の症状が出なくなるまで行う方法です。
ただし、このあがり症の治療「エクスポージャー法」では長い時間もかかるものです。
そしてまた人によっては成功と失敗を何度も経験し、少しずつでも不安を解消していく方法です。


・・・・

<スポンサードリンク>



posted by NERVOU at 08:12| あがり症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。